HOME > Topics

Topics

予約のおすすめ日時とは!!

アルカディアのおすすめ日時のご案内note

土日祝日は、どうしてもお店がバタバタとしやすいのでrunsweat01

平日の9:00~14:00位はjapanesetea
比較的shineスムーズshineご案内することが出来ますbullettrain

さらにsign03平日だと、ちょっとお得なメニューもありますsign03

スタッフ一同shineご来店お待ちしておりますnote

さらにお得に!!割引サービス改定のご案内

ご来店された全てのお客様がさらにお得になるように割引サービス内容に一部改訂いたしました。
初回・お久しぶり来店は総額から30%OFF!!
2回目以降パーマ・カラー・トリートメントがご来店のたび50%OFFになります。
詳しくはConcept / Serviceページ『充実の割引サービス』をご確認下さい。


New 超簡単スタイリングムース!!

新聞7.jpg

潤った水分を逃がさない!!アルカディア新聞

sinbun5.jpg

潤う髪と肌!!アルカディア新聞 

sinbun4.jpg

電話・インターネットの一時不通のお知らせ

9月4日午前中から夕方ごろにかけて、電話ならびにインターネットが繋がらない状態でした。
近隣での交通事故の影響により回線が断裂した為です。
現在は復旧し共に繋がる状態です。

お客様には大変ご迷惑をおかけ致しました。

伝統的工芸品指定 窯元 大津晃窯!!

伝統的工芸品指定
笠間焼 窯元 大津晃窯shine


笠間焼きは、小高い山々と緑豊かなこの地に生まれて二百余年。 その特性としての、土の素朴さと手作りの温味に加え、現代的なアート感覚をマッチさせて、 魅力ある笠間焼きを創りあげるべく、日夜、研究・努力を重ねております。

笠間焼きの歴史

 阿武隈山脈に囲まれた笠間は、「関東の小京都」といわれるほど、四季の変化にとんだ美しい田園都市です。ここに二百有余年前から、営々といとなまれてきた「陶」の芸が笠間焼きです。

 江戸時代の安永年間(1772)に箱田村の久野半右衛門が、信楽の陶工・長右衛門の指導で陶器を焼いたのが始まりといわれています。明治には陶器商人だった岐阜生まれの田中友三郎が笠間に窯を持ち、東京をはじめ関東、東北などに販路を拡大し、笠間の名を広めました。

 当時は、水がめ、すり鉢など日用雑器を登窯で焼いていましたが、ライフスタイルの変化に伴い、現在は、花器、茶器、そして食器等の生活用品から、飾り皿、壺、オブジェ等の美術工芸品に至るまで、幅広く焼かれるようになりました。その伝統が認められて、平成5年には国から伝統的工芸品の指定を受けました。

 笠間焼きの特徴としては、笠間粘土の持つ渋さと、手作りの温か味が良く調和されたところにあります。

大津晃窯の歴史

【大津晃窯歴代】

  • 初代創業者 江戸末期 宇津新助
  • 二代目 大津三吉
  • 三代目 大津晃男(大正3年生まれ)
  • 四代目 大津廣司(昭和22年生まれ)
  • 五代目 大津晃一(昭和49年生まれ)

 150年余りの伝統ある大津晃窯。四代目廣司は語る。

「陶器は姿だけでなく、焼き方や釉薬でも多様に変化します。笠間はデザインばかりでなく色の面でも不足していましたから。でも釉薬はすぐ結果が出るものではありません。自分だけの色を発見するまで何百点も何千点も焼き、またそれを安定して再現できるようになるまでが大変です。」

 「この色はどうして出せるんだろうと、見る人が不思議に思ってくれるとうれしいですね。誰も見たことがない新しいものを生み出したいというのが願いです。」

1438076917382.jpg

伝統的工芸品指定  窯元 大津晃窯    
〒309-1621 茨城県笠間市手越68
TEL 0296-72-4323
FAX 0296-72-9870
URL:http://www.ohtsukouyou.com
E-mail:info@ohtsukouyou.com



アルカディア新聞 第03号

アルカディア新聞 第3号です

店内にて配布または、ご覧になれますnote

3.jpg

アルカディア新聞 第02号

アルカディア新聞 第2号です

店内にて配布または、ご覧になれますnote

2.jpg

プチ改装 藤田タイル工事

アルカディアのプチ改装がはじまりました。

ウッドデッキ調の飾りの木が劣化してきたため
(※スーパーサブアシスタント3匹が劣化させたかな・・・cryingsweat01

藤田タイル工事にお願いしました。

PICT_20141018_094047.JPG

・・・・sign02

ものの数時間で・・・ウッドデッキも外して

枠組み終了sign03

PICT_20141018_095743.JPG

なにかと 手際が良く

無駄なくお仕事していますrun

早くて正確ですshine


PICT_20141018_094242.JPG

後は鉄骨を入れて

コンクリートを流して タイルを貼ります。

PICT_20141031_094757.JPG




それから数日後・・・japanesetea


PICT_20141031_094827.JPG

朝の数時間で・・・

あっという間に タイルが貼られましたshine

さすが、40年以上のベテラン職人 藤田タイル工事good

職種は違いますが、同じプロの職人として

「動きや 正確さ 手際の良さ」など

スタッフ全員、勉強させられました。ありがとうございましたhappy01





藤田タイル工事shine

住所 〒313-0037
    茨城県常陸太田市内田町3301-7

電話番号 0294-74-1161




12

アーカイブ

このページのトップへ